管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

オーダーメイドの長期修繕計画書

オーダーメイドの長期修繕計画書

精度の高い長期修繕計画書が作りたい。

現在お手元にある長期修繕計画書の内容は簡易なものではなく、建物の立地や形態、工事履歴の更新、マンション管理組合の要望が取り入れられた精度の高い内容となっているでしょうか。
長期修繕計画書の査定から、作成まで、CIPの豊かな経験と知識を利用下さい。

長期修繕計画の簡易査定(無料)を利用する

ご連絡いただいたのち、お手元のある長期修繕計画書を郵送、Eメールの何れかにてご送付下さい。

簡易査定内容

査定結果をご報告します。
  • 修繕周期は適切か
  • 工事費概算は妥当な金額か

その後、次のステップとして、長期修繕計画の作成ご依頼に応じ建物の状況、長期修繕計画の項目などを鑑みてお見積りを作成いたします。

長期修繕計画書の作成を依頼する

長期修繕計画書を作成する際、現地調査を実施して建物の状況を把握し、修繕履歴の確認やマンション管理組合の要望をヒアリングいたします。完成後は理事会にて内容のご説明を分かりやすく実施します。
長期修繕計画書はマンションにとって大切な資料となりますのでマンション管理組合でしっかりと理解を頂くことが大切です。
説明の際に長期修繕計画書とは何かという一般的な事から、当マンションの問題は何かという個別の内容までしっかりと理事の方々にお伝えいたします。

長期修繕計画書を発展した内容にする

築年数が経ったマンションに限らず、如何に住みやすい建物に継続的に改善していくか、いわゆるバリューアップ工事(改善工事)を適切に施していくことは、資産価値を上げるために、とても大切です。
例えばエントランスの段差の解消(スロープの設置) などがこの工事に当たります。CIPは多くの経験から、この様なバリューアップ工事を長期修繕計画に盛り込む提案も行います。

如何にマンションを暮らしやすく改良していくかを留意しながら、長期修繕計画書を発展させます。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ