管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

調査診断・設計・監理・瑕疵(欠陥)診断
・CIP独自の取組み

マンション大規模修繕工事の調査診断・設計・監理

マンション大規模修繕工事費の調査診断・設計・監理

マンションの大規模修繕工事は「住みながら」の工事であり、設計方法も新築工事とは大きく異なります。

大規模修繕工事は建物全体を修繕する為、予想以上に多くの人に影響を与えます。工事の必要性を分っていても、実際に工事が始まれば騒音、臭気、防犯性など心配ごとはたえません。

大規模修繕工事では修繕設計への知識・実績はもちろんのこと、住民への広報や共有部・専有部の区分についての法的知識、長期修繕計画を考慮した経済的な設計が必要です。

CIPはマンション大規模修繕工事の設計を専門に行うコンサルタント会社です。最適な修繕設計と徹底した監理を行い、安心で満足のいく工事を実現しています。

1.修繕設計ポイント

マンション大規模修繕工事費の調査診断・設計・監理

大規模修繕工事の前に行う調査診断は建物の劣化度を調べ、工事範囲を限定する為に非常に重要な役割を担います。

CIPでは丁寧な調査診断を経て、品質を落とさずに工事費用が最も効果的に最適化できるように経済設計を行います。

改修設計ではマンション管理組合の意見や希望を吸い上げ、管理会社に任せっきりにするのではなくマンション管理組合が主導権をもって工事内容・範囲をまとめていくことが大事です。

設計の打ち合わせは、専門用語が多くなりがちであり、文字では理解しにくいものですが、CIPはプロジェクターを用いて写真や図面をご覧いただくなど、理事や修繕委員の方がわかりやすい言葉(専門用語を並べない)で説明いたします。

マンション大規模修繕工事費の調査診断・設計・監理

また2回目や3回目の大規模修繕工事を計画している場合は、通常の修繕に加えてグレードアップ工事(段差解消やスロープ化、扉の交換、エントランスの改良など)も充実させる工事の相談も積極的に承ります。

大規模修繕工事と同時期にグレードアップ工事を施工することでコストパフォーマンスが高まります。

2.監理の重要性

監理は工事が設計書どおりに行われているかをチェックし、瑕疵や手抜き工事を防止するための大切な機能です。
施工会社や管理会社とは別の第三者機関がこれを担うことは非常に重要で、良質な工程管理や安全管理、手抜き工事の防止を実現します。

改修の実例と、CIPならではの取組みについて

機械式駐車場を平置き駐車場へ改修

施工前 施工後
施工前 施工後

機械式駐車場は毎月多額のメンテナンス料金が必要というだけでなく、建替えにも莫大な費用がかかるいわば『マンションの金食い虫』です。

また最近では年々、駐車場利用者が減少しており、あるマンションでは管理費収入が減りつつあるという問題を抱えていました。検討を重ねた結果、立体駐車場を撤去し、経済的な自走式駐車場に変更するという方法を選択しました。

これまでの機械式駐車場を二階建ての自走式駐車場にした事でメンテナンス費用や今後の修繕費用を軽減でき、空き駐車場の問題も解決しました。

「ちびっこ工事説明会」 を開催

大規模修繕工事で子ども工事説明会を開催

大規模修繕工事が始まる前は、施工会社から工事説明会が開催されます。
工事中は足場がかかったり、マンション住民以外の沢山の人が出入りしますので、注意が必要です。それは大人だけではなく、小さなお子様にはもっと知ってもらわなければならない注意事項です。

あるマンションは小さい子が多いため、子どもの為の工事説明会を実施しました。足場の下は危険だとか、塗料は服に付くと取れなくなるよ・・・など簡単な言葉で説明します。

説明会の後は汚れてもいい服に着替えて職人さんになったつもりでペンキを塗りました。

建物劣化診断の風景

建物劣化診断の風景

建物は時が経つと、機能低下や劣化や汚れなどが進んでいきます。
劣化調査では劣化程度を調べ、その対処方法をマンション管理組合に提案します。
調査内容は建物の規模などによって異なりますが、

  • ・目視、触診、打検調査
  • ・バルコニーの立ち入り調査
  • ・塗装(又は)タイルの付着力調査
  • ・シーリングの物性調査

などが上げられます。

瑕疵担保 保証期間が切れる前に・・・診断の実施の勧め

新築時は綺麗だったマンションも築年数とともに劣化し、修繕工事が必要となります。
たとえば

  • ・大量の雨漏りがする
  • ・柱や梁に幅の広いひび割れが多数発生している
  • ・タイルがかなりの面積で剥落している

などの大きな故障が出ていたら品確法による瑕疵保証が切れる前に売主に補修請求や賠償請求することができます。
10年の瑕疵担保保証が切れる前に確認しましょう。

10年の瑕疵担保保証が切れる前に

瑕疵と呼ばれる建物の故障は、大規模修繕工事の対象となる経年劣化による故障とは切り離して考えないといけません。
しかもマンションの瑕疵担保保証は10年で切れてしまいます。
大規模修繕工事を行う時期には切れてしまっているケースがほとんどです。
CIPでは瑕疵による悩みを抱えているマンション管理組合をサポートいたします。売主や管理会社に依頼しても誠意のある対応をしてもらえない場合など一度ご相談下さい。

瑕疵(欠陥)診断サービス

まずはお試し無料サービスの『瑕疵(欠陥)診断サービス』をお申込み下さい。
瑕疵に関する資料(管理会社や他コンサルタントから提出されている劣化調査報告書など)を確認させていただき、結果をご報告させていただきます。

このページの一番上へ