管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

管理委託見直し支援サービスの流れ

無料サービスの範囲のイメージ

step
1

管理委託無料査定の利用/無料セミナーなどの実施

先ずは管理委託内容の査定をすることで、現状をしっかりと把握しましょう。見えない事に気が付けることで将来的に大きな違いを生みます。また、無料セミナーを活用して管理委託について学び、管理委託の無駄や不足を改善して、賢くマンション管理組合の収支を管理しましょう。

無料査定/無料出張セミナーをご希望の方はこちら

step
2

CIPとの契約締結(総会決議)

管理委託見直し支援業務の契約を締結します。

step
3

管理仕様書の見直し&適正化

マンション管理がどのように行われるかを決める仕様書の存在は大変重要です。CIPの長年に渡る豊富な経験と知識を活かしマンション管理組合の要望を最大限に反映させ、無駄を省き、不足を補い、作業内容が明確になる効果的な管理仕様書を作成致します。

step
4

管理委託先の検討と構築

作成した新しい管理仕様書を基にCIP独自のマネジメントの手法を用いて管理委託を最良の体制に構築すると同時に、適正な価格で買えるようしっかりとサポートいたします。
豊富な実績によるエキスパートとしての適正なネゴシエーションなど、幾つかのプロセスを経て、マンション管理組合が最も良い体制の選択ができるようにサポートいたします。

体制構築のプロセス

  1. 見積り参加会社の募集:
    総合管理会社に限らず、専門管理会社(エレベーター業務など)からも広く参加を募ります。
  2. 現地調査の実施
  3. 質疑応答の実施:
    現地調査を踏まえて各社から出される質疑と回答を全社で情報共有します。
  4. 見積り徴収
  5. 総合管理会社と専門管理会社と面接(CIP):
    内容確認とネゴシエーション
  6. 見積り再徴収:
    提出された書類をマンション管理組合と検証し、ヒアリング対象会社3社を原則としてマンション管理組合が選定します。(専門管理会社は適宜採用)
  7. ヒアリングの実施(マンション管理組合&CIP):
    総合管理会社にプレゼンテーションを行ってもらいます。
  8. 管理委託先の決定(総会決議):
    質疑応答を経て、最終的に納得のいく委託先をマンション管理組合が決定します。(管理会社が結果的に変更される場合も、続投になる場合もあります。)
  9. 引継ぎサポート
    (管理会社が変更になった場合)
step
5

コモンズ.netの利用:管理委託における第三者監理(別契約です)

新しい管理委託体制による管理が実際に始まってからも、プロの第三者の目を置くことで、安心はもとより多くの目に見えない効果が期待できます。

コモンズ.net

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら
このページの一番上へ