管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

資料請求/ご相談は
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

学校・ビルオーナーの方へ
学校・ビルの管理委託見直し

自社ビル(オフィス/学校/病院/福祉施設/商業施設など)の
オーナーさんの悩み

空室や賃料に関する悩みの他にも・・・

  • 大規模修繕工事の費用の悩み
  • 経年に伴う修繕費増加の悩み
  • 維持管理コストの悩み

分譲マンション業界で20年培ったノウハウでコストの適正化を図ります!
コロナショックへの処方箋ツールの一つに!!!

1999年の創業依頼、大規模修繕工事と管理委託費の適正化に取り組み、200物件以上の実績を通した独自のノウハウを持っています。

このノウハウでビルの維持修繕工事費用と管理委託費を適正に見直すことが可能です。

コロナショックで費用の見直しは急務の考え方と益々なりました。

是非ご検討ください。

実例紹介

A. 長年の悩み(課題と問題点)

都内に十数棟のビルと教室を保有する専門学校の担当者は主に次の2点について悩んでいました。

  • ①管理コストの削減手段
  • ②清掃を中心としたサービス向上

◆管理コストの悩み

管理委託費は金額が変更されずに長年経過していました。
管理コストの削減を考えていた担当者は、毎年の管理委託契約更新時にビル管理会社に値下げの申し入れをし続けましたが、全く聞き入れてもらえませんでした。

◆サービスの悩み

管理委託業務仕様書(ビル管理会社が行う業務内容が記載された書面)も、如何様にも解釈ができる内容で、教室やビルの廊下、トイレといった共用部の清掃品質を向上させる手立ては見いだせずにいました。


B. CIPの悩み解決サポート

◆管理委託業務仕様書の見直し

担当者とビル管理会社が行うことを確認しながらサービスに関する課題や問題点を洗い出し清掃を中心としたサービス提供を明確にしてサービスを受ける仕組み確り整えました。

◆競争原理を働かせる入札

作成した新管理委託業務仕様書を元に、入札形式での管理委託先の募集を行いました。
募集は、ビル管理会社だけでなく、清掃や設備点検会社など、専門分野ごとにも募集を行いました。
従来のように2~3社に声をかけた相見積とは全く違う効果が生まれます。


C. 結果

間接費のコスト削減は、純利益に直結します。

~約60%の管理委託費削減に成功~

これまでの管理委託費は年間2,640万円でしたが、見直しを行うことによって年間1,130万円まで削減することができました。
削減額 年間1,150万円(約60%)です。

~管理業者の行うべき作業内容が明確になり、指摘ができる環境に~

以前は、単に清掃品質が悪いという漠然とした指摘しかできず、品質は改善されず低いままでした。
CIPのサポートにより、清掃内容に不足がある場合も、的確に指摘ができる環境が構築され品質が保たれるようになりました。
削減額 年間1,150万円(約60%)

graf

単純に値下げを行うだけでは、品質低下の恐れがありますが、管理委託業務仕様書によって業務内容が明記されているため、品質が保たれます。

疑問に感じたら…

まずはどのくらい削減できるのか無料で査定致します。
是非お気軽にご相談・お問い合わせください。

このページの一番上へ