管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

資料請求/ご相談は
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30
2021/09/30
修繕工事

大規模修繕工事を成功させる秘訣とは?

大規模修繕工事を成功させる秘訣とは?

イベント性とコミュニケーション

大規模修繕工事を成功させる秘訣をお伝えします。それは“イベント”として、お祭り的に全区分所有者をあげて実施することが一つだと思います。

通常、大規模修繕工事は、「調査」「計画(設計)」「工事業者選定」「工事の実施」と2~3年の期間を要します。これらの工程を、1~2年周期でメンバーが入れ替わる理事会でスムーズに進めていくことは難しいと思います。そこで理事会の諮問機関として、専門委員会などのプロジェクトチームを立ち上げることを推奨します。そのチームには一定レベルの予算をつけましょう。お茶代や昼食や夕食の時間をはさむ場合には弁当を用意することも良いでしょう。少し前までは、区切りがつくタイミングごとに打ち上げの席を設けて、“飲みニケーション”を行うことをお勧めしていました。残念ながら現在は、新型コロナウイルスの蔓延が猛威を奮っていることから、大々的な打ち上げは難しいのが現実です。

大規模修繕工事は専門的な知識が必要とされ、素人集団であるマンション管理組合には荷が重いのが現実です。このような大仕事を楽しく進めるには、プロジェクトチームの仲間を大切にしながら、みんなで盛り上げていくことが重要で、そのためにもコミュニケーションを図ることが必須で、専門知識の有無よりも非常に重要です。

工事が始まったら、工事業者の担当者や設計者、そして職人ともコミュニケーションをとってあげてください。工事業者の担当者や職人さんは、施主であるマンション管理組合とコミュニケーションを取ったり、会話をしたりする機会が少ないのです。特に、職人には「やり甲斐」を感じてもらえるようにすると良いでしょう。現代の職人には、「お金で動く」というよりも「心で動く」という人を多く見かけます。つまり職人が、「このマンションの仕事は丁寧にやろう」とか、「住民の皆さんによくしてあげよう」などと思うようになるかどうかは、発注者であるマンション管理組合の心がけも大きな影響を与えるということです。ビジネスなので「仕事として発注しているのだからやって当たり前」ではあるものの、職人も人ですから、コミュニケーションをとって心が通い合えば、丁寧ないい仕事を心がけていただけるはずなのです。

ぜひ皆さんのマンションでもチャレンジしてみてください。きっと良いことが起こります。そのためにも、前述のように会議費や弁当代、親睦費など、ある程度の予算を取っておく必要があります。

理事会や専門委員会などのプロジェクトチーム、工事業者の関係者、そして職人とのコミュニケーションを図りながら、大規模修繕工事という一大イベントをお祭り気分で盛り上げて、ぜひ成功に導いてください。

マンションにお伺いする「無料出張セミナー」を行っておりますので、
マンションに関してお悩みのある方はお気軽にお問合せください。

著者/須藤桂一 株式会社シーアイピー 代表取締役社長
著者/須藤桂一
株式会社シーアイピー 代表取締役社長

ゼネコン勤務や、塗装工事会社・リフォーム会社の2代目社長として大規模修繕工事を受注している最中、様々なマンション管理組合の問題に直面し、1999年にマンション管理組合専門のコンサルタント会社であるシーアイピーを設立した。

これまで約33,000戸のマンション管理組合の相談を受け、問題解決を図る。

数多くのメディアに出演、書籍の出版や監修も行っている。詳細はこちらまで。


このページの一番上へ