管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

資料請求/ご相談は
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30
2021/02/24
マンション管理

「いい管理員さん」はマンションの大切な財産

「いい管理員さん」はマンションの大切な財産

居住者の一番身近な存在

管理員さんは、マンションの内情に一番精通している存在であることが多いと思います。例えば、「あの白い外車は○○さんの車です」とか、「△△号室では猫を飼っていますよ」とか、「□□号室には新婚さんが住んでいます」とか、「○△さんのお子さんは○□小学校に通っていて、学校で仲のよいお友だちは□○ちゃんです」とか、「△□さんのお子さんが、先週自転車置き場で転倒してケガをしました」など、マンション内の人間関係や事件・事故なども非常に多くの情報を持っています。

実はその管理員さんの情報は、マンションにとっては財産になることもあります。誰かれともなく内情をペラペラとしゃべってしまうような管理員さんは問題で、管理会社から注意喚起する必要がありますが、「○○さんのところはお子さんが独立して出ていったので、おじいちゃんとおばあちゃんの老夫婦だけになってしまった」とか、「△△号室には単身者のおじいさんが住んでいる」という情報を管理員さんが持っていると、万が一、大地震や火災など何かがあったときに、そういう住戸をケアできるという利点があるわけです。実際、2011年の東日本大震災のときに、管理員室にいた管理員さんが、グラッと揺れたあとですぐに、単身で住んでいるご老人の住戸へ駆けつけた、という良い話も聞いたことがあります。素晴らしい動きだと感服しました。

こうした居住者の詳細な情報を、管理会社はまったく持っていません。新築での入居時には居住者の名簿を作成しますが、その見直しや更新作業をきちんと行っているフロント担当者は少ないため、マンションの詳しい状況を把握することは難しいでしょう。

マンション管理組合にとって、管理会社の“顔”はフロント担当者ですが、それ以外の区分所有者や居住者にとっての管理会社の“顔”は管理員さんです。また、管理会社にしてみれば、管理員さんは日常の管理業務をこなしてくれる大切な存在ですが、マンションの居住者にとっても、マンションの「情報網」で「知恵袋」のような存在の管理員さんはとても重要です。

そのため、皆さんのマンションの管理員さんが、評判が良い管理員さんであるなら、ぜひ積極的に声をかけて、大切にしてあげてください。「おはようございます」とか「いつもありがとうございます」など、一言でも、簡単な挨拶でも、こうした言葉が管理員さんたちのモチベーションにもなり、マンションに対する思いをより強めてくれることになるでしょう。

以前、お会いした管理員さんで、管理会社が何社も替わったにもかかわらず、ずっとそのマンションで管理員を続けているという方がいらっしゃいました。このように、管理会社が替わっても、新しい管理会社に雇用してもらってマンションに残るという事例は少なくありません。

繰り返しになりますが、いい管理員さんはマンションの大切な財産になりますので、皆さんもコミュニケーションを大切にして、管理員さんと上手につきあっていただきたいと思います。

マンションにお伺いする「無料出張セミナー」を行っておりますので、
マンションに関してお悩みのある方はお気軽にお問合せください。

著者/須藤桂一 株式会社シーアイピー 代表取締役社長
著者/須藤桂一
株式会社シーアイピー 代表取締役社長

ゼネコン勤務や、塗装工事会社・リフォーム会社の2代目社長として大規模修繕工事を受注している最中、様々なマンション管理組合の問題に直面し、1999年にマンション管理組合専門のコンサルタント会社であるシーアイピーを設立した。

これまで約33,000戸のマンション管理組合の相談を受け、問題解決を図る。

数多くのメディアに出演、書籍の出版や監修も行っている。詳細はこちらまで。


このページの一番上へ