管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

資料請求/ご相談は
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30
2020/06/01
修繕工事

大規模修繕工事の完成・引き渡し、アフターサービス

大規模修繕工事の完成・引き渡し、アフターサービス

仕様以外のポイント

大規模修繕工事が終了したら、検査を実施したのちに引き渡されます。ここでは竣工書類の整備をしっかりとしておきましょう。建物調査・診断、設計、工事業者選定、工事監理などの業務ごとに書類を整えて、あとからその記録を振り返ることができるようにしておきます。

特に、アフターサービス(以下、アフター)でもっとも大切な保証に関する書類、検査記録、日報、工事写真、取扱説明書などは、各種書類のファイルの背表紙が10~20cmの厚さになるほど膨大な量になります。それらの書類は非常に大切ですので、紛失や破損などを防ぐためにも、電子データでももらっておくことをお勧めします。

契約や工事の内容によりますが、引き渡し後には1年、3年、5年など、マイルストーンでアフター点検を行う仕組みになっていると良いでしょう。しかし、このアフター点検は、工事業者にとってはもっともやりたくない仕事のひとつといえます。アフターの担当者には、出世路線に乗っていない人材、つまり会社から優秀だと評価されていない人材が配置されることが多く、どの工事業者でも対応は良くないと思っておいたほうが良いでしょう。

最近では、大規模修繕工事の瑕疵保険という仕組みができています。工事業者としてはコストがかかり、できれば避けて通りたいアフター対応を保険で賄うという仕組みです。国土交通省で認可された保険制度で、アフターでのトラブルを見るに見かねてできたと思われるものですが、アフターで瑕疵が発見された際に、その修理費用の8割が保険で負担され、工事業者側は2割の修理費用の負担で済むようになっています。工事業者にとってはありがたい内容で、また積極的に瑕疵の補修をしてくれる体制作りとしても良いと思います。

保険には工事業者が加入し、瑕疵があった場合は工事業者に保険金が支払われる仕組みですが、万が一工事業者が倒産している場合には、補修費用の全額がマンション管理組合に支払われます。ただし、工事業者が加入する保険といえども、見積書のどこかにはその保険料が含まれていることを覚えておきましょう。

アフターの保証は、部位や工事スペックによって保証年数が異なってきます。一般的に、防水工事は5~10年、塗装工事は5~7年、鉄部塗装は2~3年など、特記仕様書で定義されていますので確認してください。

マンションにお伺いする「無料出張セミナー」を行っておりますので、
マンションに関してお悩みのある方はお気軽にお問合せください。

著者/須藤桂一 株式会社シーアイピー 代表取締役社長
著者/須藤桂一
株式会社シーアイピー 代表取締役社長

ゼネコン勤務や、塗装工事会社・リフォーム会社の2代目社長として大規模修繕工事を受注している最中、様々なマンション管理組合の問題に直面し、1999年にマンション管理組合専門のコンサルタント会社であるシーアイピーを設立した。

これまで約33,000戸のマンション管理組合の相談を受け、問題解決を図る。

数多くのメディアに出演、書籍の出版や監修も行っている。詳細はこちらまで。


このページの一番上へ