管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

マンション管理業界のホンネ

2017/11/24
理事会運営

理事を経験する意味

他人事では無い理事会活動

当社は長年に渡り、多くのマンション管理組合のお手伝いをして参りました。そのことを通して『マンションに住まう方の全てに、できるだけ早く理事を経験してもらうことが非常に良いことである』という持論が私にはあります。

マンションに住むと、必ず管理組合の組合員となりますが、ただ住んでいるだけでは、自分の大切な資産であるマンションの事がほとんど分からないまま毎日が過ぎていってしまいます。

なかなか皆さん忙しいので、理事会活動の優先順位が低くなってしまうのも理解できますが、実はこの『人任せ』『無関心』こそが、将来的にマンションの資産価値を下げてしまう大きな要因となっているのです。

この話はまた別の機会に詳しくするとして本題に戻りますが、では何故全員が早めに理事を経験したほうがいいのかというと、理事をする事で、一居住者では見えなかったものが良く見えるようになる機会が生まれるからです。

理事会では様々な事が議題として話し合われます。

その中には予算を使う決済に関するものも含まれます。ここで提出される提案を鵜呑みにせずしっかりと見ておかないと、将来大変な窮地に陥ることになりかねません。

また防災に関する備えや対策、マンションをより住みやすくするための施策など、日常の小さな問題から、ありとあらゆる事を議論、解決、決定していく中で、理事会活動が他人事ではないという想いになる居住者が一人でも増えるならば、そのマンションの将来は明るい未来が開ける事に違いありません。

また、理事会活動を通して、居住者同士が知り合う事ができ、良いコミュニティが形成されるきっかけにもなります。

是非、理事会活動を面倒なことだと思わず、大切なこととして取り組んで頂けたらと思います。

このページの一番上へ