管理費・修繕積立金・長期修繕計画・大規模修繕工事などマンション管理組合の大切な資産、イベントを支援致します。

ご相談お問い合わせは
こちらから

03-3538-1175
受付時間:土日祝日を除く平日9:00~17:30

マンション管理業界のホンネ

2017/01/25
談合・リベートの打破

理事長経験者が感じた~管理会社のホンネ~

羊の仮面をかぶった狼?

私の知人の理事長経験者が管理会社のフロント担当者になったつもりで書いた文章です。ぜひご一読下さい。

******************
昔はよかったでっせ、マンション管理いうても一棟ずつサービス内容が違てるから、管理費なんて他と比べられるもんやない、という「常識」がおました。

今はインターネットで情報がツーツーに なってしもて、やりにくいったらおません。
それでも会社を存続させんとあかんから、いろいろ方法を考えてますんや。

お客さんにはなるべく大型マンションがヨロシイな。
一棟当りの委託料が多いこともおますけど、なによりの利点は住んでる人がなかなか一致団結できんことやろな。100軒住んではったら、200通りの意見がおますやろ。なんぼ役員さんでもこれをひとつにまとめることなんかできませんがな。1年交代・輪番制の役員さんどっしゃろ?

なにをやっても住民から文句が出る状況では普通は嫌気がさしはりますワ。1円にもならん仕事どころか、電話代とかは完全に持ち出し、結構時間と手間をとられた挙句が、文句ばっかり聞かされる、なにをやったって感謝されることなんかおまへんわ。ま、なるべく波風を立てんと、任期がハヨ終わればええ、と思う人がほとんどでっせ。皆さんがひと通り役員さんを経験されるまで十数年続くんでっしゃろ?大型マンションさまさまですワ。

私らとしては理事長さん以下の役員さんがどっぷり管理会社に頼ってくれる状況が一番有難いどすな。何も分からんから、よろしゅうお願いします、いうお客さんどす。精一杯やらしてもらう代りに、いろいろ稼がしてもらえます。

例えば、マンション積立保険かて、ほんまは各社の保険内容も保険金額も全然違てますんやけど、私らはウチが代理店をしてる会社のモンしかすすめまへん。まあ、2、3種類は比較のために用意しますけど、本命は決まっとるんやから、それに合わしたモンしか用意しませんがな。それに乗ってくれはるお客さんはよろしいけど、たまに自分でいろいろ調べはって、違う会社の資料を要求しはる役員さんもおらはります。ま、そんな時は私らも勉強や思て、やります。けど、そんなことばっかり続いたら会社が困る。

大きな声では言えまへんけど、例えば、ええ管理人、言うても組合側と会社側では微妙に違いまっせ。会社側としては、正直、あんまり役員さんがやる気を出して、バリバリやられたら儲けられまへん。 役員さんのやる気を適当にそいでくれるような管理人は、組合さんにとっては悪い管理人かもしれんけど、管理会社にとっては「ええ管理人」言うこともありますんや。ま、そう言うても理事会決議で糾弾されるほどやられたら、クビにするしかおまへんけど。

その他に、立候補して理事長にならはるケースも正直、厄介どすわ。そんな方は大概、コスト削減を第一番に言わはります。それに他の役員さんが同調しはったら、ホンマに管理会社変更までもっていかれてしまうことも、この頃は多いらしいですな。けど、ま、普通は「順番理事」さんとは温度差がかなりありますから、そこをうまーく利用したら、理事長さんだけを「浮いてしまう」方向にもっていけんこともない、思てます。私らも、ま、プロですからな。始めの熱意が多い人ほど、冷める時は急激で、後はもう楽なもんですワ。

管理会社としては「かゆい所に手が届く」サービスを心がけてます。
それでしっかりお客さんの信頼を得たら、管理費値上げにも応じてもらえますやろ。 庭の草取り、議事録作り、なんでも引き受けさせてくれはるお客さんはありがたいですわ。そら、委託管理費内であれも頼む、これも頼む、言われたら最初はしんどいですわ。けど、お客さんがその状態に慣れてくれはらんと、値上げさしてもらえまへん。役員さんは会社の用意した選択肢をあれか、これか決めるだけ、後はすべて管理会社に任せる、これが理想ですナ。

さあ、今日も頑張りまっせ。お客さん、よろしゅうお頼みしますワ。
***********

如何でしょうか。管理会社の対応についての補足として、管理人やフロントに優秀な人を当てがい、マンション管理組合の信頼を得ることにより、言いなり体質を構築しているケースも多くみられます。注意する点は表面的には組合の事を考えているように見えていても、やはりサラリーマンですから、会社の意向が第一優先順位となるという現実です。利益相反の立場ですから、管理会社の社員として、そうなるのは必然でしょう。マンション管理組合の為にはならないと実は分かっているような提案でも、いかにも良いもの、必要なものとして提案してきます。羊の仮面の下の真の顔をみて判断することが大切です。提案に踊らされない様に、理事会は管理会社と決してなれ合いの関係になってはいけません。

このページの一番上へ